Napの考えること

by Nap-takemura

サカナの数だけ音楽スタイル。

Napの考えること(その84)



明けましておめでとうございます。

年末から年始にかけて、Napでは、毎年恒例の「ウタイ納め2Days」から始まり、プロのマリンバ等々の打楽器奏者、「長谷川剛士」さん率いる軽音楽の公演、そして、これも恒例になりつつある、「K.K.」さんのカウントダウン公演、年始ワンマン公演が開催されました。


今回もアーティストの音楽愛あふれる情熱とそれに応え声援するお客様の暖かい気持ちが交差する素敵な数日間でした。改めて皆様に心より感謝申し上げます。


さてさて。大きなイベントも終え、久しぶりにお正月気分満載の街に出てみました。どこもかしこもセール品の大売り出しが多く、買わなくていいものにまで目がいってしまいましたが、これだ、と思う商品の大体がセール対象になってないことが多く、世の中うまくできているものだな、と勉強できた数日でした(笑)。


気づいたらもう、1月6日ですね。本日からNapは通常ブッキングライブの始まりです。いろんな目標を掲げている方も、まだなんにも浮かんでこないぜ、という方も、とりあえずは新しい年、2018年のスタートが平等にやってきました。


僕も個人的な目標をまず一つ決めましたが、うまくいくかどうかは分かりません。でもトライすることに意味があると胸に刻み頑張りたいと思います。もちろん仕事についても去年以上のトライをする所存です。


Napのキャッチコピーはご存知のとおり、「サカナの数だけ音楽スタイル」です。今年も常に流れ動く川の水や、大海を泳ぎ続けることで生かされるサカナの如く、時に流れに身を任せ、時に流れに逆らいつつ、この一年を悔いのないように日々励みたいと思います。


例年より少し寒さの厳しい冬のようですが、皆様も風邪やインフルエンザなどにお気をつけくださいませ。今年もNapで一人でも多くの方と共に音楽を楽しめられたら幸せです。本年もよろしくお願い申し上げます。

2018.1/6 Nap代表 竹村龍彦
































[PR]
by Nap-takemura | 2018-01-06 12:57