Napの考えること

by Nap-takemura

共通項。

考えること(その69)

おそらく人としての共通項として誰しもが抱く感情のひとつに、「喪失感」というものがあると思う。仕事柄たくさんの歌やMCを耳にするのだけれど、誰彼となく、その言葉をよく口にする。かく言うこの自分も大切な人を失った時に同じ思いを何度か経験した。ちゃんとそれに向き合うことがむつかしい分、長い期間、それは思いもしない時に現れてくる感情でもある。

その時期、僕はよく朝早く目覚めてしまい、小さな音でギターをつま弾くことが多かった。ぼんやりとした感覚を何かで埋めたいという気持ちがあった。誰かにこの気持ちを伝えることは不可能だから自分が自分を慰めるみたいに歌をつくった。そうやってずいぶんと新しい歌が生まれた。完成した歌の数々をいま客観的に捉えるのなら、雲のことを歌いたいのに、空の話ばかり。やはり正面切って向き合うことは簡単ではなかったということ。

ある日、大切な人に自分のことを歌った曲はないでしょ、と言われたことがある。確かにないのかもと言い、それから思い直して、いやこの曲は君のことを考えてつくった歌だよと伝えた。それがどの曲かもう忘れたが(笑)。このとき、自分は特定な人を想いながら歌をつくったりしないのだと知った。失恋したときに愛の歌も書けないし、幸せなときに楽しい歌も書けない。むしろ恋愛が成就している只中に別れの歌を書いて、不幸せなときに希望や未来を歌ってきた節がある。

誰かを想う、いわゆる愛する気持ちというのは目に見えない波動のようなもので伝わってゆく。それが言葉や仕草というよりも、その背中や目を合わせないその先で照射されているもの。じっと自分の心を探り、その気持ちに寄り添い、赤子を抱くようにそっと触る。そして出来るだけぴかぴかに磨いて今度はその光で十分に自分を満たすことができたのなら、間違いなくその気持ちは一ミリも違わずまっすぐに相手に届くものだと信じたい。

だから新しい歌をつくるときは、鍋のためのカット野菜をどこかで手に入れるような真似はせず、一から白菜を洗い、ネギも切って、その他いろいろと自分の冷蔵庫からひっぱり出した材料を使う。そしてできるだけ気持ちは真っ新にあるがままの思いをたくさん込めて。そうしてやっと完成した暁には、まるで撮った覚えのない写真のように自分の前にそれが現れてくる。その楽しさや、ちょっとした誇らしさは何物にも代えがたい。

絵を見たり、描いたり。歌をつくったり、唄ったり。そして聞いたり、踊ったり等々。なんでもいいと思うが、人間だけに与えられた、そんなこんなの行為は日常不可欠なものだと近頃はより強く感じてしまう。たとえ、それが何らかの利益や感動や商業的価値とは無縁なものだとしても。その人自身にとってエンジンオイルのように前に動かすものとして必要なものだと思う。

僕がカミさんと二人で始めたこの小さなライブハウスはそんな思いを持つ人々に利用されていると常日頃感じている。それは嬉しくもあり、責任もあり、小さくはあるけれど意味のある、価値のある場所として自分自身の心に刻みたい。そしてよりもっと多くの人が利用し満足できるような場所として定着していけたら幸せです。来月、12月で丸14年目を迎えるにあたり、一層心を引き締めていきたいと思います。年末に向けて皆様もお身体に気をつけて充実した日々を過ごせますよう心よりお祈り申し上げます。 2015年11月24日 Nap代表 竹村龍彦






































[PR]
# by Nap-takemura | 2015-11-24 14:17

憧れ。

考えること(その68)

村上春樹のエッセイを読んでいると、たくさんの示唆に富んだ言葉が絶妙なユーモアを交えて書かれていて止まらなくなる。なぜこんなに日本だけではなく世界中の人々に彼の書物が支持され読まれているのか、という疑問が解けた気になる。

物事の見方や創作に対する自身の考え方等々。それこそ職業や性別年齢をも合わず、ああなるほどな、という思う箇所が多く、あっという間に読みすすんでいってしまう。終わりのない世界の紛争や日本の今の憂える状況についても、わりにはっきりと自分の考え方を書いているところにも信念の強さを感じる。

僕が二十代初めの頃、ふたつほど年上の先輩がいて、その話し方や仕草、ちょっとした会話の中に自分にはない大人を感じさせる人がいて、なんとなく憧れのような気持ちを持ったことがある。その当時は無意識だったが、その先輩の顔つきやタバコの吸い方やちょっとした仕草が頭に残って、真似てみたりしたこともあった。でも一番に真似たいのはその人の持ち合わせた性格(というか人間性というべきか)だったのだが、それは当然に僕は別の人間だから無理なわけで。いつかそのような子供じみた気持ちは消失していった。

村上春樹の本を読んでいて、ふとそのことを思い出した。若い頃、こんな大人、あんな男になりたい。そう思える人間にたくさん会うことができた人は幸せなのではあるまいか、と。「憧れ」は、なにも夢の世界の物語だけではなく、現実に生きるこの世界でも必要なものだ。村上春樹は小説家だけれど、同じ創作する人間として、ひとりの人間として、自分にはないものが多い分、その生き方、思想、生き様に憧れに似た気持ちが湧き出る。そして同じ気持ちになる人間が世界中にたくさんいることを理解した気にもなった。

音楽に感動し、音楽を奏でることに興味を持ち、自分で作った歌に愛着を持ち、どこかで歌って、誰かに伝わったことを自覚したとき、僕は勝手にミュージシャンの仲間入りしたと思っていた時期があり、そのスタート地点もやはり、「憧れ」だった。いい歌だなあ、から始まり、俺もこんな世界に生きていたい、と願い、胸の名札に「音楽家」と記すんだと自分に誓い、それを自分の最終の最大の目標に定め、生きた時代を思い起こす。

無責任のようなことを言わせてもらえば、「憧れ」に思えるような大人にこの現代の日本で巡り会うことは簡単ではない気がする。現に僕はそんな人間にずいぶん長い間出会っていないなあ・・・、まあ、あくまでも自分の尺度での「憧れ」る人間という意味ですからどうか悪しからず。

シンガーソングライターとして強烈な個性を放つ稀有なアーティスト、「竹原ピストル」さんに以前、僕の拙いインタヴューの際、「ほぼ毎日のようにライブをしてますが、どのようにしてモチベーションを保つのですか?」 と質問しました。すると彼はすかさず、「僕の中にモチベーションという言葉はないですねえ・・・」、と静かに答えました。一瞬、僕はその答えに言葉を失い黙ってしまいましたが、彼はそんな空気を知ってか知らずか、「いつも好きなことをやっていますから」と間髪いれずに答えました。ちょっとニュアンスは違ったかもしれませんが。それに似た言葉が、村上春樹のエッセイにも何度か出ていました。そのたびに、ああそうか、やっぱ、そうなんだよねぇ・・・、とひとり感じ入ってしまいました。

話は戻りますが、この村上春樹の本を読みながら、自分のどこかが、何かが、間違っているのか? と迷路に入ったウサギのごとく立ち止まる一方、結局、僕という人間のアップデートやバージョンアップは自分にしかできないのだよ、完了させることができるのは自分しかいないんじゃあないのか?、という結論に達するのであります。

誰かの音楽に感動したりするのはシンプルで直感的な分、正しいと思うし、自分が作った音楽に自分以外の誰かの心を動かすことができたかどうか、そしてもしその感触が薄かったのであれば(あくまでも創作という次元の話ですが)、まだまだ、未完成の域の音楽なのだよ、と。そう僕は自分に言い聞かせたい。

なんだか今回のこの文章は、村上春樹氏のことが主になってしまいましたが、彼の本が好きか嫌いかはともかく、現代に生きる様々な個々の人間への寛容な眼差しに共鳴もしたし、創作者としてのあるべき「カタチ」のようなもののヒントがそこかしこに溢れかえっていて非常に驚いた。いまさらながらですが、村上春樹という作家の真価のようなものを少しだけ垣間見た気がいたします。

同時に、僕自身、まだまだ追求するべき音楽がたくさんあるのだということも肝に銘じることができましたし、(無理やりな締めですが)、日々接する多くのミュージシャンにもこの気持ちがちょっとでも伝われば嬉しいです。

さてさて。だいぶ肌寒い夜も増え、秋の気配どころか冬の足跡さえ感じる今日この頃ですね。だけれど、ノロウイルスもインフルエンザにも負けずにバッタバッタと気合いで投げ倒しながら、年末にはきっと、みんな笑顔で迎えられますように! 残り二ヶ月を気合いで乗り切りましょうぞ。 

長文、乱文、お読みいただき感謝です。またNapの会場でお会する日を楽しみにしております。Nap竹村
































[PR]
# by Nap-takemura | 2015-10-25 23:42

桜咲く季節。

考えること(その67)

自分の音楽を追求している中で、結果、求めたカタチと違っている場合がある。それは弾き語りだとかバンドとかのスタイルの問題ではなくて、単にこの頭の中に鳴っているリズムや湧き上がるメロディや言葉が今の自分が真実に求めているものとは違っているだけ。そう思う時がある。

心の中に溜まった、言葉にできない数々の思い。それがたとえ目に映らない塵のような埃でも何日か経てばきっと紙一枚の厚さくらいにはなる。その一枚の紙を拾い上げて何を記しているかを読み解き歌にして放つ。その力が自分にどれだけあるのか、はたまたなにもないのか。天秤の片方に載せた理想のカタチ。一方に載ったいまの自分。いつか水平を保ったまま微動だにしない日を味わいたいものだ。

スポーツでいえば、日々のトレーニングが結果を出すための最低限のカリキュラムがあるように、音楽だって技術的な部分が多く含む歌や演奏はやはり日々の練習がものをいう。感性が命の曲づくりだって、音楽的理論もあるに越したことはない。さらなる高みを目指せば自然と必要に迫られる日がくるに違いない。ギターコードだって数え切れないほどの中から思いついたメロディに合わせてさっと出てきたらどんなにかいいだろう。

努力するという使い慣らしの言葉は何事にも顔を出す。それが真実だから。好きこそ物の上手なれ、という言葉はそのまま受け取ってはいけない。その先には、必ず壁があってどこにでもある、本物の努力が必要になってくる。つまり本当に好きになるための努力が待っているのだ。それを逃げずにトライしたものだけが次の列車の切符を手入れることができる。

事実そうやって努力を重ねることで、音楽を生業にしているアーティストを知る。自分のつけた確かな足跡に時に励まされながら、また新しい地平線をめざし続ける。今日もだれかの胸をふるわせ躍らせ励ます歌を届けようと歩みを進めている。そんなアーティストがつくりだす音楽があるからこそ、僕はずっと音楽を好きでいられるのだと、いまさらだけど思うのです。

桜の足音が聞こえくるこの季節。Napのステージではいつもながらアマチュア中心のライブが繰り広げられています。プロの完成度になるには中身の濃い時間と経験が必要です。様々なレベルのアーティストに一貫しているのは、自分の意思でステージに立っているということ。それぞれが様々な目標や意義を持ってステージに立つ。とても勇気がいることだと思います。それに応えるべき、ライブハウスの一つとして、Napも益々精進したいと考えます。これからもよろしくお願い申し上げます。Nap竹村



































[PR]
# by Nap-takemura | 2015-03-23 19:05

2015年 元旦。

考えること(その66)


そして新たな一年の始まりであります(笑)笑う角には福来たり、です!
今年もよろしくお願い申し上げます。

さて、この一年で何ができるかどうか。きっと皆様も考えたりすることでしょう。
何はともあれ個人的に一番望みなのは、心穏やかに、そしてできる限り誠実に(ここがミソ)何事にも向き合いたいものです。

そして毎年新しい音楽との出会いがあります。もちろんNapでのライブは当然としても、世界に新たに名を挙げてくる音楽(CDや配信等々で輩出されるアーティスト)も楽しみです。

なんだかんだ言っても(ちょい古い言い回しですが)、音楽は世界中のどこかに隠された秘密の扉できっとすべて繋がっているように思うので、たった今流れている(いわゆる流行の)音楽との出会いはとても大事に思います。 例えそれが必ずしも個人的好みでなかったとしてもです。

そうやってこの一年も可能な限り音楽に触れ、知り、聴き、考え、そして奏でる。そんなふうに過ごせたら幸せです。

ところで貴方が今年最初にこころ震わせ、躍らせた音楽は何でしょう。
僕の答えは来年の今日ここで発表いたします(笑)。

本年もよろしくお願い申し上げます。
元旦にて。Nap 竹村





















[PR]
# by Nap-takemura | 2015-01-01 00:18

2014年 大晦日。

考えること(その65)

今日で今年も終わりになります。あと数時間で何か新しく劇的に変わるわけでもなく、日付が2015年1月1日になるというだけで、こんなにも一日の意味が違うのがなんとも不思議に思うのは今も昔も同じです。

しかし、365日が区切りなく何年も続くと思うとそれもなんだかなあ、って思うので、やはり区切りがあるというのは良いことかなと感じる歳に僕もなった気がいたします。

つい先日、Napも13周年を無事に迎えられました。改めて長くもあり、短くもあるなと感慨深いものを感じます。昨日は恒例の、マリンバ、スチールパン等々のプロの音楽家による演奏会で締めていただきました。

考えてみると、出演者のバリエーションは益々多岐にわたるようになりました。アマチュアの弾き語り中心はこれまでどおりですが、フラメンコや合唱団、ウクレレの方等々、まさに仕事冥利といえるもので、音楽のすそ野の広さを今もこうして勉強できる楽しさに恵まれた一年だったと思います。

改めて今年一年ご出演頂きました皆様に心より感謝申し上げます。
来年が皆様にとって音楽を楽しめる平和な一年でありますように!
感謝を込めて。
2014年12月31日 日吉Nap代表 竹村龍彦 スタッフ一同。 
[PR]
# by Nap-takemura | 2014-12-31 13:26
考えること(その64)


今年二回目の、「竹原ピストル」さんのワンマンが先だっての、2014.11.17(月)にありました。彼はNapが開店してまもなく出演してくれたアーティストのひとりで、初めての出会いは、野狐禅(やこぜん)というユニットでした。

まあ、それはそれは相当に強烈なライブだったことを今も覚えています。その頃まだNapは試行錯誤の時期でドラムセットも置いていました。当然、アコースティックというより、ロックバンドといえるようなバンドも出演していて、デビュー前の「レミオロメン」等々もこのステージに立ってくれました。

そんな中、当初の一年での出演者の中でも、竹原ピストルさんの声は一級品で一度聞いただけで身の毛がよだつとでもいうべき、圧倒的で強烈な印象を残したアーティストでした。

彼らはその時点ですでに大手の音楽事務所がデビューに向けてアシストをしていましたが、やがて正式に、ビクターからメジャーデビューを果たした後も、彼の音楽性やその音楽に対するストイックな姿勢は良い意味で何も変わっていないなと感じたものです。

そしてその数年後、ソロとなりフリーの身となって全国を回る中で、(このNapにも節目節目で出演してくれました)当初は自分で焼いたCDRを販売していましたが、やがてライブ会場での売れ行きに追いつかないと、プレス屋さんにCD制作を委託するのでした。その過程を見ながら、これが自主販売する者の本来の辿り方なんだとシンプルに感じ入ったものです。

この日のワンマンもこれまでのパフォーマンス同様に、音楽を糧とする者の姿、その姿勢、そしてその素質等々に個人的に思いを寄せる瞬間がたびたびありました。プロとは何か、音楽で人の心を躍らせることとは何か、そんなこんなの答えがここそこに漂っているような強烈なライブでした。

メジャーに復帰した今も、また、もし、しなかったとしても、「竹原ピストル」という稀有なミュージシャンは新たな世界を創造しながらいつも全心全力疾走で観る者の心の奥底を動かし奮わせるライブをきっとみせていたことでしょう。益々今後の活躍が楽しみです!
そして一ファンとしてこれからも微力ながらNapも応援していきたいと思います。

末筆とはなりましたが、改めてご来場くださった多くのお客様、スタッフの皆様、そして竹原ピストルさんに改めて感謝申し上げます。そして、13周年を迎えるにあたりとても感慨深い一日となりました。重ねてお礼申し上げる次第です。ありがとうございました。
2014.11.21 Nap代表 竹村龍彦
[PR]
# by Nap-takemura | 2014-11-29 12:45

FAITH

考えること(その63)


音のシャワーという言葉がぴったりと思うのです。たとえばこの小さな机に置いた二台のスピーカーからお気に入りのCDを聞きながらこうして文書なんか打っている時間。なんとも言えない気分で、いまどきもう使わないかもしれないけど、まさにゴキゲンな心持ちになります。

時間を作るのはいつもむつかしいと考えてしまうけど、ちょっとした工夫でなんとかなるもの。考え方を少し変えることで物事がちょっとずつ動くことがあるから不思議。頭を柔らかくするためにも音楽はやはり日常必要不可欠なものだと思います。僕といえば、どちらかというと古い曲(若かりし頃によく聞いた)に心動くことが多いですが、新しい音も多くの刺激を受けるから出来るだけたくさんなんでも聞くようにしています。

いまちょうど聞いているこのCDは、ジョージマイケルのソロファースト(FAITH)。きっと現代ではチープとしか言えないドラム音源なんかも僕には新鮮に聞こえてきます。音の処理も80年代後期のプリンス等々にも共通するテイストがあってとても興味深い。特に、6曲目の「HAND TO MOUTH」はイントロからこの時代の空気が満載でたまらなく素敵だ。この哀愁に満ちたメロディーに載せた歌詞がとてもシリアスなところなんかにも彼の天才的閃きを感じてしまいます。世界中で大ヒットしたアルバムなので知っている方も多いと思いますが、いま聞き直しても心躍る素晴らしいアルバムのひとつですね。

おっと、だいぶ話が脱線しましたが、つまり好きなことがあることは大事だなってこと(笑)です。そのための時間はたったわずかであったとしてもつくるべきなんだといまさらながら考えた今日この頃。

心地よい日差しも多くなってきて気持ちもすこし穏やかになってきそうな春になりました。ぜひお時間が許す限りNapにも足をお運びくださると嬉しいです。花粉も終盤の時期、どうぞ皆様もご自愛くださいませ! これからもよろしくお願い申し上げます。
[PR]
# by Nap-takemura | 2014-04-13 13:05
考えること(その62)

昨日のかわさきfmを聞いてくださった方はすでにご存知かと思いますが、Napの母体レーベルである、「FISH RECORDS」は、4月度より準備を整え、5.10より、 iTunes storeを手始めに配信をスタートさせます。

これまで、2003年度より、主にNapのオムニバスアルバムとして、通算3枚の「原石」シリーズでのディストリビューターを通してのCD販売やそれに伴う、インストアライブやNapでのライブイベント等々、活動を主にCD制作に重きを置いてまいりました。

今後は、この時代の音楽ツールのひとつとしてすでに多くの方が利用する配信にも積極的に関わっていきます。とりあえずは、僕がよく知るミュージシャンの音楽であることが重要なポイントのひとつでもありますので、現在、Napに出演のレギュラーを中心に発信していきたいと思っています。

具体的な進め方については、4月に入ってから逐次、オフィシャルサイトにて発表させていただきます。これからの展開にもご注目いただけれると嬉しいです。よろしくお願い申し上げます。
(FISH RECORDS プロデューサー 兼 日吉Nap代表 竹村龍彦)
[PR]
# by Nap-takemura | 2014-03-26 22:16

春一番!

考えること(その61)

あっという間にもう春の訪れを感じる時期となりました。昨日は春一番だったらしく風の音が部屋の中までよく聞こえました。

平穏な年でありますようにと祈った元旦から、もう三ヶ月も過ぎたんですね。そして、世の中には相も変わらず様々な事が日々起こっていています。人工衛星みたいに宇宙ゴミを避けながらにアンテナを張り巡らさないと平和には生きていけない時代なのかと思ったりします。

しかし、世の中には力強く常に前向きに人生に挑んでいる人間も数多くいますね。僕の周りにもそんなたくましい人達が何人かいるのも確かです。

もちろん音楽も新しくて刺激的で幸せな気分を思い起こしてくれるアーティストがどんどん出てきて、やはり音楽は不滅なんだ、人間の素晴らしいところはこういった芸術を生み出す生物であるということなんだ、なんてちょっと大袈裟に考えてみたりして…。

ちょっと脱線気味な文章になりましたが、Napは今年の始めからプチリニューアルをノロマなカメの如く進めています。少しずつ少しずつではありますが良い意味で変化を遂げていければと目論んでおります。ぜひお時間のある時には足を運んでくだされば嬉しい限りです。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。
[PR]
# by Nap-takemura | 2014-03-19 04:53
考えること(その60)

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

自分の中ではいまだ2011年のインパクトが強すぎて、時間の流れがつかめないまま昨年もまた過ぎてしまった印象があります。

今年が皆様にとって平和で心穏やかに過ごせる一年でありますように!
そして、さらなる飛躍の年であることを心よりお祈り申し上げます。

新春のNap初仕事は、三日からとなります。
少しずつではありますが、良い意味での変化とチャレンジの年にしたいと考えております。
今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
日吉Nap 竹村 スタッフ一同 http://www.hiyoshinap.com

2014.1.19(日)には新春特別企画「NapCD見本市」もございます。ふるって皆様のご参加お待ちしております。(詳しくは当サイト、日吉Napをご参照くださいませ。)

[PR]
# by Nap-takemura | 2014-01-01 00:01