Napの考えること

by Nap-takemura

<   2017年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

考えること(その80)



いよいよ、2017年7月29日よりitunes等々で配信が始まる、「原石Ⅵ」の最終ミックスの追い込みをこの時期特有の湿った暑い空気と戦いながら挑んでいる私でございます。皆様におきましてはいかがお過ごしでしょうか。


さて、今回の原石シリーズもレギュラーから選出された12組の音源ですが、これまでの録音方法と違うところは、4月から6月までの3回にわたるライブ音源から一曲を選んだということです。


それぞれが代表的な曲の一つであり、また、ライブならではの緊張感と勢い等々による高まりはミックス作業中もひしひしと伝わってきます。彼らのオリジナル曲に込めた熱き魂の歌を多くのリスナーに感じ取ってもらいたいと心から願っております。


Napのレギュラー陣を中心に制作してきた、この「原石」シリーズもおかげさまで今回が六作目です。今少し振り返りますと、やはり、その時代その時代の世の中の空気のようなものも一緒に詰め込められているのだと感じます。


現在出演しているアーティストは、Napを開いた2001年12月、その翌年から毎月出演している筋金入りのアーティストもいらっしゃいますし、転勤やその他諸々の環境の変化などにより、一旦離れていたアーティストがまた舞い戻り出演してくださっているアーティストも多くいます。それが15年の重みなのかと感謝しつつ、感慨深いものがあります。


そしてまた、これからのNapの未来を新たに示す時でもあります。開店当時には少なかったアコースティックライブハウスですが、今では、ライブバー的なお店を含めると相当数あると思いますが、昔ながらのノルマ制で運営しているNapのようなライブハウスは、それに値する内容がより求められています。


当たり前のことですが、求められる価値がなくなれば、いずれたち消えてしまうでしょう。この15年間、Napが続けることができた原動力の中心は一体何であったのか、そして、これからの未来、ライブハウスに求められるのは何かをもう一度、原点に立ち返って考えることも必要です。


「果たしてなぜ、私は今も音楽を続けているのか。」私の中ではこれが原点であり、この店を始めたきっかけです。家でギターをつま弾いたり、レコード店で音楽を視聴したり、はたまた好きなプロの演奏会に出かけたりしながら、空気を吸うみたいに、自然に心はいつも音楽を求めていたサラリーマンの頃。


すでに一つの目標から心も体も離れ、日々の生活だけに追われる時期を私も経験しました。しかし、そんな頃も日記をつけるみたいに曲をつくり続けていました。つまり、何も中身は変わっていなかったことにだんだんと気づいたのです。


表面上はどこかの箱にしまいこんだのに、また知らぬ間に、目の前に、それが用意されている。そんなふうに、常に音楽がそばにいるのだと分かりました。何も特段に繊細に考えるものではなく、自分が単純に素直にすっと受け入れるべきもの。それが音楽なのだとわかった瞬間でもあります。


だからこそ、私は今もライブハウスという仕事は特殊なものだと考えることがあります。音楽が好きな人間が一番幸せな気持ちになる場所であり、裏方である私は、その一番良い顔を見ることができるということ。それが仕事冥利とも言えます。音楽も一つの娯楽といえばそうですが、音楽だからこそ特別な力が備わっていると感じます。


Napは何を大切に考えるべきか、それを常に自分に問いつつ、その時代時代の空気を肌に感じながら、これからもたくさんの音楽好きの人々が集う場所になれるよう、スタッフ一同精進したいと思います。 


そして末筆とはなりましたが、今月の、7/29より配信される、オムニバスアルバム「原石Ⅵ〜Move on〜」のダウンロードもぜひよろしくお願い申し上げます。

FISH RECORDS 兼 日吉Nap代表 竹村龍彦





























[PR]
by Nap-takemura | 2017-07-04 09:35