Napの考えること

by Nap-takemura

<   2014年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

FAITH

考えること(その63)


音のシャワーという言葉がぴったりと思うのです。たとえばこの小さな机に置いた二台のスピーカーからお気に入りのCDを聞きながらこうして文書なんか打っている時間。なんとも言えない気分で、いまどきもう使わないかもしれないけど、まさにゴキゲンな心持ちになります。

時間を作るのはいつもむつかしいと考えてしまうけど、ちょっとした工夫でなんとかなるもの。考え方を少し変えることで物事がちょっとずつ動くことがあるから不思議。頭を柔らかくするためにも音楽はやはり日常必要不可欠なものだと思います。僕といえば、どちらかというと古い曲(若かりし頃によく聞いた)に心動くことが多いですが、新しい音も多くの刺激を受けるから出来るだけたくさんなんでも聞くようにしています。

いまちょうど聞いているこのCDは、ジョージマイケルのソロファースト(FAITH)。きっと現代ではチープとしか言えないドラム音源なんかも僕には新鮮に聞こえてきます。音の処理も80年代後期のプリンス等々にも共通するテイストがあってとても興味深い。特に、6曲目の「HAND TO MOUTH」はイントロからこの時代の空気が満載でたまらなく素敵だ。この哀愁に満ちたメロディーに載せた歌詞がとてもシリアスなところなんかにも彼の天才的閃きを感じてしまいます。世界中で大ヒットしたアルバムなので知っている方も多いと思いますが、いま聞き直しても心躍る素晴らしいアルバムのひとつですね。

おっと、だいぶ話が脱線しましたが、つまり好きなことがあることは大事だなってこと(笑)です。そのための時間はたったわずかであったとしてもつくるべきなんだといまさらながら考えた今日この頃。

心地よい日差しも多くなってきて気持ちもすこし穏やかになってきそうな春になりました。ぜひお時間が許す限りNapにも足をお運びくださると嬉しいです。花粉も終盤の時期、どうぞ皆様もご自愛くださいませ! これからもよろしくお願い申し上げます。
[PR]
by Nap-takemura | 2014-04-13 13:05