Napの考えること

by Nap-takemura

<   2010年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

宿命。

考えること(その42)


いまさらですが、2009年12月26日付の朝日新聞に精神科医の春田武彦さんという方の、「無力感は人間の宿命です」と書いた記事が載っていた。いまも印象に残る記事でしたのですこしここでご紹介したいと思います。

その内容は、「人の行動原理や感情の多くは無力感に根ざしている。親の期待に背いたり、目標達成できなかったりすることで心の中に自己嫌悪や罪悪感が派生する。それにより自分を肯定できなかったり、逆説的に自分をいとおしく感じたりすることが心の複雑さを作りだす」。

さらに続けて、「不安感は無力感から導かれるものです。各個人がいかに無力感を手なずけ、押さえつけるかという方法や成果によって、同じ状況下でも不安の覚え方が違うのだと思う」。

またその対抗手段として有効なのは、「高望みしない、手近なところで幸せをみつける、分をわきまえること。ただし、その背後には断念や諦観があるのかもしれません」と結んでいた。

この記事冒頭の、「無力感は人間の宿命です」という言葉にはインパクトがある。一瞬、後ろ向きな言葉に聞こえるが、この言葉の後には、「だからこその・・・」と続く気がした。

さて、もうすぐ4月です。出会いや別れの時期。いろんな思いに心が揺れる季節。こんなときは何気なく耳に入る歌の歌詞がふっと心に染みたりする。そんな歌がつくれたら幸せ。

歌をつくる人間としては先の文にある、「無力感を手なずける」手段として、歌づくりはとても有効だ。それがたとえ一時のことだとしても。その小さな時間のつながりが時を重ねているのだから。

いろんな思いを持った人たちがステージに立ち。同じくいろんな思いを持った人たちがそれを聴く。やはり音楽はいいなと改めて感じる今日この頃。東横線に乗った際は、ぜひ「日吉Nap」を思い出してください。そしてすこしの時間、同じ空間を共有できたら幸せに思います。スタッフ一応お待ち申し上げます。
[PR]
by Nap-Takemura | 2010-03-07 11:08