Napの考えること

by Nap-takemura

<   2006年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

マンネリ。

Napの考えること(その29)


だいたいライブで演奏する時間は30分くらい。一曲5分だと考えてワンステージで演奏するのは5曲というところ。持ち歌で自信のあるものを優先順で並べるといつしか同じ歌が中心となる。そんな感じだから自然と集客のためにお客さんに声をかけにくくもなり、おまけに自分もマンネリしてくる。これって自分のお話です。あしからず・・・。

で、解決その一。新しい曲をバンバンつくる。
その二。古い曲でもいいからガンガン持ち歌を増やす(最低30曲くらいはね)。
その三。とりあえずライブにバシバシ人を呼ぶ(ほら、いやでも新しい曲やるしかなくなるでしょ)。

まあ、別にふざけてるわけではないのですが、怖いのはマンネリです。自分という箱に何かを詰めて、すこしは中身のあるものにしたいと始めた音楽なのに、それまでもが義務のように、まるで嫌いだった学校生活のように、たいくつ過ぎる機械仕掛けの仕事のような。そんなあまりにも悲しすぎるマンネリ。それこそが自分の敵です。

で、ちょっとここ最近ギター片手にする時間を増やしました。はっきり変わってくるのを感じるのは自分の中の感性です。澱んで沈下した水が動き出すよな。そんな感覚を徐々に思い出します。表面上はちっとも変わってないと思いますが(つまりギターも歌もたいしてうまくならない)。でも気持ちが変わります。何かを生み出そうとあがく自分がまだいることがちょっと嬉しい。おかしな言い方ですが。

ライバルは自分です。なんだかんだいっても自分が一番怖い。手を抜く自分。突っ走りすぎる自分。感傷的になり過ぎる自分。なんでもかんでも過ぎて過ぎて過ぎすぎる自分(そんな言葉はないけれど)。そんな時程よいブレーキにもなってくれるのも音楽の魅力。それに改めて気づきます。習得するのに遅く忘れるのに早い自分にあきれつつ。いまはちょっとそのことは頭から離したらあかんなと思っています。

さて、だいぶ冬らしくなってきました。年末に向けて皆様もどうぞお体を壊さないように。ご自愛ください。
[PR]
by Nap-takemura | 2006-11-12 12:35