Napの考えること

by Nap-takemura

<   2005年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

言葉の重さ(続)

Napの考えること(その21)


何かを批評するというのはご存知のように実はそんなにむつかしいことではないわけです。なんてたって一億総評論家といわれて久しいのこの時代なんですから。とくに良くないところを挙げることは簡単なことです。一般的なレベルでの芸術の良し悪しは誰でもわかるもの。だからこそ大多数に評価された偉大な芸術というものが世の中にはあるのだし、音楽でいえば、その一定のレベル、たとえばプロとアマの違いをみつけるのは簡単なことなのだと思います。

音楽的なことでいうと、おおざっぱなところでは、MCの流れ、間の取りかた、曲の構成、ヴォーカル力。それこそ数え上げたら好き勝手にたくさん僕も言えるでしょう。プロの人たちにだって、然りです。結局のところこれが最高で、これで終わり、という次元はどこの世界もありえない。だから、自分が一生懸命につくったアンケートに何か批判めいたことを書かれたからといって本来、何も落ち込む必要なんてないんです、が、そこは人間、やっぱり良いことより悪いことを書かれた内容が悔しいけれど気になる。

そんなことを僕自身もそれなりに経験しているから、極力、「ライブ」評というのは悪いところを指摘するより、そのアーティストの良いところを磨く手助けになる言葉を投げかけられたらいいな、と考えてしまいます。しかしご察しのとおりそれはとてもむつかしい。一度や二度みただけのアーティストにわかったようなこと等とても言えませんし、たまにわかったようなことを言ってしまって後で後悔することもたびたびです。ほんとに自分の言葉を伝えることはむつかしい。

何度も何度もライブを見て、その人のこともなんだか少しだけれどわかってきて、そしてこれがこの人の代表曲だなと思えるものも知ってきて。そういう段階を経てやっと、ちょっとはまともなことが言えるのかもしれません。実際そんな感じなのです。自分のヴォキャブラリーの問題もかなりあるのですが、基本は知ることなのだと。その繰り返しが大事なのかなと最近ますます思う次第です。

だからこそ毎回来てくれるお客さんというのはとても貴重です。毎回来てくれるお客様(それが恋人や友人だとしても)がいるアーティストは幸せだと思います。確実に成長させてくれる批評家がすぐそばにいるということなのですから。

結局のところ、まだまだ僕は誰かを批評する自信がないというのが本音です。もうすぐ4年になるというのにねえ・・・ほんとに、ねえ。言葉をきちんと伝えること。それは永遠のテーマでもあり、人間として与えられた想像力や品のあるユーモア(これがまた手強い)を持って人と接するこができるのならベリーグッドです。

それができたなら、ほらもう僕もりっぱな人間です!? そしたらきっともっと良い歌たくさん創れるだろうし、歌えるはずだし、売れるだろうし、・・・って、また調子っぱずれになってきたようなので、もうこの辺にしておきます。失礼いたしました。
[PR]
by Nap-takemura | 2005-06-28 08:25

言葉の重さ

Napの考えること(その21)


最近はブログを開設する人が多いと聞きます。簡単手軽に自分の言葉が発信できるツールがまたひとつ増えました。実際、Nap出演アーティストの多くの方も自分のサイト上に日記やBBS等々のコーナーを設け、日々言葉でも自己表現をされる方が多いかと思います。そういうこの僕もこのとおり、このコーナーでこうして言葉を綴っています。

そこで、今回はこの言葉の重さについてちょっと考えてみました。。この言葉の重さ、というのがとても計りにくい。わかりやすい例でいうと、よく世間での嘆かわしい問題のひとつでもある「いじめ」。最悪の場合は命を落としてしまうほど人間を追い詰めたりします。そしてその最たる武器もやはり言葉だと思うのです。自分自身もし誰かに身覚えのない非難の言葉、もしくは悪意を持った言葉を発せられたなら、確実に気持ちが萎える。だけど、人によっては、攻撃モードに入る場合ことだってあるだろうし、逆に自分の殻の中に閉じこもり自己を守ろうとする人もいるのが現実。

大きく考えてみますと戦争だって最初は言葉のやり取りから始まっています。だからこそ「言葉」である歌詞をのせた音楽が与える影響も少なからず大きいといっていいと思うわけです。

愛をうたう人はとても多いけれど、愛のかたちって人それぞれだから、「なんだかなあ」って思う歌もあれば、「そうだよなあ」って心の琴線にもろにふれるような歌もあったりします。だけれど、政治、宗教、思想のたぐいを歌にのせるという作業はかなりむつかしく、ある意味、かなり高い言葉のクオリティが求められる。それはこの今の世界の情勢を、世界中に確実に広がりつつあるこの紛争の数々を、真剣にみつめてみればみるほど、めまいがするほどの言葉のむつかしさを感じ取ることができる。

Napでもそうたくさんではないけれど、そんなスタンスで何曲か歌をつくって披露する方が幾人かいる。僕はそんな歌に関してだけは、かなりシビアに聴く傾向があります。なぜかといえば、先に述べた「言葉」の重さを計るべきだと思うから。言い方を変えれば、僕個人の感じ方でしかないかもしれないけれど、もし誰かを傷つける可能性があると感じたら、それはまだ公のステージに立って表現するべきものではないという判断が働く。でも一方でその姿勢は大切だとも思う。理想を言わなくなったらおしまいだから。だからどこかで応援する気持ちも働くし、僕自身もそれなりの音楽での表現方法を探しているのも確かです。

ところで、平和を願う歌にあの有名なジョンレノンの「イマジン」がありますね。あの歌は発売当時、「単なる理想主義者だ!」等々、多くの評論家に叩かれたそうですが、時代を経た今は切実に訴えてくるものがあります。ジョン(正確には&ヨーコとなるのかな?)はあの歌詞の中で決して過激な言葉は並べず、しかし確実に時代を撃ち抜く力を音楽で表現してみせてくれました。そして、当時彼が語った言葉に『遂にやり方がわかったよ。政治的なメッセージにはちょっと蜂蜜をぬって差し出せばいいんだ』というのがあるそうで、当時アメリカでも反体制的なシンボルとしてマークされていた彼ならではの説得力ある言葉だなと感じます。

さて話はまた戻りますが、この言葉の重さ、計ることのむつかしいもの。これについては何の仕事でも同じですが僕の仕事場でもやはり重要な位置を占めています。一番それに直面することが多い場面は、ライブ後のアーティストから聞かれる「ライブ評」です。それについてはすでに「考えること、その6」でも書きましたが、次回でまた少しふれたいと思います。

つづく。
[PR]
by Nap-takemura | 2005-06-27 08:24

上京

Napの考えること(その20)


僕の母は昭和3年7月5日生まれ(1928年)ですので、今度の誕生日で77歳になります。お母さんという存在は誰にとっても特別lな存在だと思います。

僕は18歳で上京しました。その時に母に約束した言葉は、「三年で戻るから」というものでした。上京に反対だった母を説得するためでしたが、今となってはその言葉は嘘になりました。でも、こんな自分でも今は人並みに親孝行したいと思うのです。

年々老いていく親の姿を見るとき、自分の未来を少し垣間見たような気になることがあります。ちょっと複雑な心境ではありますが、そんなに悪い気もしません。昔はあんなに親に反抗していた自分なのに不思議です。今に至っては帰郷するたび今も昔と同じように田舎暮らしの母や父をみて少し羨ましく思うことさえあるのですから、人間(正確には僕っていう人間ですが)って勝手なものです。母の目の前でいまさらそんなことを言ったらきっと叱られるのがオチですが・・・。

小さい頃、大人は違う生物のようにみえました。物の考え方や感じ方がまるで自分とは違うので、異次元の世界に生きている人のように感じることさえありました。まあ、それだけ自分が単にかなり幼かったともいえますが。でも、そんな幼い自分でしたが母だけはいつの時も違った場所にある特別な存在のようでした。たぶんそういう方多いと思いますけれど。

そんなこんなで、ここでちょっと思い出したのですが、Napで定期的に出演してくださってる「岡崎純次」さんという方がいます。その彼のオリジナルの中に母への感謝の気持ちを歌った曲があります。自分の母への感謝の気持ちを素直に伝えた詞が印象的です。毎回聴くたびに胸に響いてきます。機会があったらぜひ皆さんにも聞いてほしい歌のひとつです。少しだけ詩の内容を紹介しますと、『自分の好きな歌を続けるために上京したはいいけれどそれなりの苦労なんかもしてやっとなんだか親のありがたみが分かったような気がする』そんな歌だったと思います。

果てさて。僕には何が一体できるのだろうか。

岡崎さんのように母への感謝の気持ちを歌にはできなかったけれど、何かそんなふうにして形にするのはすてきだなと今は思います。マジほんと何か考えなくては、です・・・。

「母の日」から早一ヶ月も過ぎたこの日。母のない人を覚えながら。
[PR]
by Nap-takemura | 2005-06-08 02:22